加納ミサ公式 Blog & Column 心で生きる Healing The Heart

☆今週のメッセージ☆心で動く


 

 ☆11月イベントのご案内☆
・11月20日(金)14:00~16:00【東京】
VoiceHealing&MeditationWK  ▼
http://www.misakano.com/event.html#voice

・11月28日(土)14:00~17:00【東京】
午後のリーディング&お茶会 ▼
http://www.misakano.com/event.html#reading

今週のメールマガジンでお届けしている
メッセージを掲載します☆

_______________________

☆今週のメッセージ
_______________________

教会の鐘が鳴り響く
古都の街にサラという女性が
一人旅をしていました。

サラは、これまでの自分の殻を
破りたくこの街へ訪れて数ヶ月。

運河のほとりを散歩し、
枯れ葉が敷き詰められた
石畳の上をのんびりと歩き、

カフェで今後のことの
プランニングしていました。

サラはとても満喫していました。
正確に言うと、満喫しているように
思い込もうとしているのかもしれません。

最初の数週間はどれもが
新鮮で良かったのです、それで。

しかし、街に住み慣れていくと
サラの心はしぼんでいきました。

この美しい街並みに滞在することで
何かすごい物を得ようとしていました。

何かしなければと駆り立てる焦りで
心がいっぱいになりました。

これでは自国にいるのとまったく
同じではありませんか。

サラは心に決めました。
「焦ってもしょうがない!
こうなったら、もう、
とことんこの滞在を楽しむわ。」

今までは色んな
プランニングして
紙に書いて、
心の整理をして
啓発の本を読んで。。

それらをすべてやめました。
考えることすらやめました。
紙も破り捨てました。

サラは心が動くことだけを
することに決めました。

宇宙に白旗を挙げた瞬間でした。
宇宙に降参した瞬間でした。

自分で頑張って考えるのを
やめた瞬間でした。

翌朝、いつものように街に出ると
足が自然と逆の方向に行きたがっています。

サラの心が動きました。
こっち、おもしろそう。
足も動きます。

見知らぬ場所を地図も持たず
歩き出しました。
サラの心は不安どころか
行き着く先が解らない場所に
むしろ心が躍り出しています。


「こんにちは」
向こうから歩いてきたご婦人が
ふと挨拶をしてきました。

「こんにちは、今日も澄んだ青空ですね。」
サラは やわかく微笑み 挨拶をかえしました。

「あなたの楽しそうなお顔に
声をかけたかったのよ。
あなたに神のご加護がありますように。」

ご婦人は静かな笑みをたたえて
歩み去りました。

サラの心があたたかくなりました。


最初の扉が開きました。


サラはおもくまま歩き出しました。
何かしなければというものを
捨て去ったら、なんと世界は
軽やかなんでしょう。

頭では考えられなくなりました。

サラは、心で動いているのです。
心で生きているのです。

「こんにちは」
また、声をかけられました。

「こんにちは」

知らない街が急にあたたかく
親しみのある街に変わりました。

サラの心の目にやさしい
許された世界が 見えはじめていました。

誰もが、道行く人すべてと
心でつながっている。

やさしい気持ちがサラの心から
どんどん街中へと広がっていきます。


夕暮れ近く、
とあるカフェへと入りました。

クリスマスが近いこの季節、
サラは、三枚のカードを手に取り
温かなコーヒーを飲みながら

大切な友人、大切な家族あてに
メッセージを書きました。


「わたしは、今朝、
心を取り戻しました。

今、わたしが観ている世界は
すべてがやさしく、あたたかさに
包まれている世界です。

道行く人の笑顔に思わず
わたしも微笑みかえします。

わたしは今、許された世界を
観ているのです。

私を支え、応援し、愛してくれる
大切なわたしの友人、家族へ

わたしの背中を押して
くれてありがとう。

わたしは一人、ここに
滞在することで
多くの許された奇跡を
目撃することができたの。

それは、決して一人では
成されなかったこと。

人と人が交わることで
この美しくやさしい世界を
目撃することができたの。

でもね、わたしは今、正直に言うと
とてもさみしい。
大好きなあなたに逢いたい。
大切なあなたに触れたい。

だから、わたしは
この温かな心を持って
あなたのもとへ帰りますね。

今度は、あなたと一緒に
この美しい街を観て歩きたいの。」


サラが心で書いた
クリスマスカードは
かぎりなくやさしく
カフェの中はあたたかな空間に
包まれていました。

そう、道行く人も
ふと立ち止まるほど
店内には愛があふれていました。


数年後

帰国したサラは
物語を書き始めました。

サラが書いた物語は今では、
世界中の子供達に愛され
読み継がれています。

あのやさしいひとときが
こうして本となって
世界中を旅しています。


===============
どうにもならないとき、
外に飛び出したくなることもあります。
飛び出してください!
叫んでください!
そして、おもいっきり
泣いて落ち込んだ後は

宇宙に白旗挙げて
楽しみましょう☆

大丈夫、宇宙はいつまでも
あなたを悲しみの中に
閉じこめておいたままにはしませんから☆

 

毎週お届けする公式メルマガのご登録はこちらから

http://misakano.com/emailmagazine.html

☆☆ 加納ミサ公式サイト http://misakano.com ☆☆

☆☆ 受付中のセッション  ☆☆

☆今週のメッセージ☆根源に還る

 ☆11月イベントのご案内☆
・11月20日(金)14:00~16:00【東京】
 VoiceHealing&MeditationWK  ▼
http://www.misakano.com/event.html#voice

・11月28日(土)14:00~17:00【東京】
午後のリーディング&お茶会 ▼
http://www.misakano.com/event.html#reading

今週のメールマガジンでお届けしている
メッセージを掲載します☆

_______________________

☆今週のメッセージ☆
_______________________

わたしたちの問題と
言われているものを
一つ一つ見ていくと
どんなことが思い浮かびますか?

仕事のトラブル、
ご近所のとの関係、
夫婦の問題、
お金&経済の問題、
人生の問題など

小さい問題から
大きな問題まで
様々な事象がありますね。

すべての問題は
コミュニケーションから起きます。
と聞いたのは数年前。

コミュニケーションから
起きてくる問題の根源は
信頼から。とも聞きました。

何が??
なぜ??

当時の私は経済的にも
人生観にしても
困窮困惑していた時期のため

この言葉がすっと
心に入ってきませんでした(微笑)

まず、目先のことが
大切でしょって(微笑)

でも、よく思い直しますと

その場しのぎで一時的に
対処ができたとしたします。
表面に浮上している事象は
一見、解決したように思えます。

ほんと、一瞬です。

しかし、根源を見ていかなければ
また、同じ事が同じ問題か
別の問題というかたちで
浮上してきます。

このからくりに気が付かないと
時間は刻々とこのスパイラルに
使われていくわけですね。

私たちは、問題を解決しようと
するために生まれてきたのでは
ありません。

人を愛し、人に愛され、
すべてを愛し、
すべてに愛され、

自由に豊かに
喜びと創造性あふれる世界を
体験しにこの世界に生まれてきました。

根源に還りましょう。
根源に戻りましょう。

そうは言っても。。
というエゴの声が聞こえたとしたら、
根源に還る選択もあることを
思い出してくださいね。

すべては、信頼から
始まります。

信頼から始まるものは
信頼のエネルギーが
かえってきます。

宇宙の法則を
上手に利用しましょう☆

 

毎週お届けする公式メルマガのご登録はこちらから

http://misakano.com/emailmagazine.html

☆☆ 加納ミサ公式サイト http://misakano.com ☆☆

☆☆ 受付中のセッション  ☆☆

10月11日イベント終了しました☆


 

10月11日のミニリーディング&お茶会の

イベントは無事に終了しました☆

 

急なお知らせではありましたが

三連休のなか日にお集まりいただきました

みなさん、ありがとうございました☆

 

今回は、ミニリーディング付きという

ワクワクする試みのお茶会を開催しました。

一番ワクワク楽しんでいたのは

私だったような気がします☆

 

リーディングというより、

その方の本質の生きる道に還るという

普段のセッションに近い内容になりました。

 

本当の自分の輝きを放つ

みなさんの美しいたましいに

触れることができ

また、たましいの共鳴に

感動していました☆

 

おだやかさと安らかな笑顔のみなさんが

とっても美しかったです。

 

なぜか毎回写真の撮影を忘れてしまう私ですが

それくらい素敵な会となりました☆

 

次回の予定は、

・11月20日(金)にワークショップ【東京】

・11月28日(土)リーディング&お茶会【東京】

の開催予定です。

 

準備が整い次第、ご案内させていただきますね。

ピンと来られた方、お待ちしております☆

 

 

毎週お届けする公式メルマガのご登録はこちらから

http://misakano.com/emailmagazine.html

☆☆ 加納ミサ公式サイト http://misakano.com ☆☆

☆☆ 受付中のセッション  ☆☆

☆今週のメッセージ☆問題は何も無かったんだよ


 

※☆イベントのお知らせ☆
10月11日【東京】残席4名
ミニリーディング会&お茶会
→ http://misakano.com/blog/?p=610

 
今週のメールマガジンでお届けしている
メッセージを掲載します☆

_______________________

☆今週のメッセージ
問題は何も無かったんだよ
_______________________

ある青年が腰を下ろし
空を見上げ、
ぽつりぽつりと
話し始めました。

「僕はやれるだけのことを
やったのにどうしてここまで
うまくいかないのだろうか?」

ふぅっとため息ついて、

「こんなに僕はやってきた。
それなのになぜ神は僕に
豊かさと安らぎを
もたらせてくれないのか?」

・・・。

「僕は何のために生まれてきたのか?」

青年は数々の苦労と痛みの日々を
思い返しました。

誰だって、こんな思いをするために
この世に生まれてきたのではないと。

「嘆いたって何も始まりませんよ♪」

どこかで声が聞こえました。
青年が耳を澄ませると、また、

「何かを成し遂げたら平安が
訪れるって本当に思ってるんですか?」

声をする方をよく見ると、それは
小さな小さな緑色の蜘蛛でした。

「なぜなんだ?
僕はこんなにも癒しの学びを受け、
努力もしたんだ。
なぜ神は僕を救ってくれないのか?」

「癒しの旅路の蓋を開けたって
そこには何にも在りませんでしたよね?
そう、底にあると思っていた物は
何にも無いんです。
問題は何も無かったんですよ。」

「君の言っていることが
僕には理解できないよ。」

蜘蛛に向かって青年が言いました。

「そうですね。。
僕はこの巣を創ることに何の
意図も持っていませんし
これができたら救われるとも思ってません。
だって、もともと僕が創る
計画になっていますし、
それに、ほら美しいでしょ?
僕はそのことを知っているんですよ。」

そして蜘蛛は付け加えました。

「美しいと言ったのは、僕ではありません。
あなた方人間が僕にそれを教えてくれたのです。
ただ、僕は僕の地球上でやることをただしただけ。

それは、まぁ僕の楽しみでもありますが。
それ以下でもそれ以上でもありませんよ。」

蜘蛛はそう言うと、
せっせと作業に戻っていきました。

☆☆☆

これをしたら、救われるのではなく
すでに私たちは、完全な状態。
できていないと思っている自分の感情を
掘り下げても実はそこに何も存在していません。

あなたが出来ていない、ダメだと思っていても
あなたの源はいつも完全です。
あなたの愛はいつだってここにあります。
あなたの愛はいつだって本物なのです。

そんなダメだと思っている自分がいたら
優しくしてあげましょう。
よくやってるよ、って。

 

毎週お届けする公式メルマガのご登録はこちらから

http://misakano.com/emailmagazine.html

☆☆ 加納ミサ公式サイト http://misakano.com ☆☆

☆☆ 受付中のセッション  ☆☆

☆イベントのお知らせ☆10/11ミニリーディング会&お茶会【東京】

☆イベントのお知らせ☆

10月11日 都内で午後の
ミニリーディング会&お茶会
を開催します。

皆さんと楽しく交流しながら
ミニリーディングをご提供させていただきます。

ミニリーディングは、お一人お一人に
その場で読み取らせていただいた内容と
メッセージをお伝えさせていただきます。
ご質問いただいても大丈夫です☆

みなさんとつながれる一時を
楽しみにしていますね☆

☆午後のミニリーディング会&お茶会☆

・日時:10月11日(日)14時~17時
・会場:東京都港区 品川駅付近 都内ラウンジにて
(お申込みいただいた方に詳細をご案内します)
・会費:2,000円(お茶代別途)
・お申込
http://www.misakano.com/contact.html

お問合せフォームに
・「10/11ミニリーディング会&お茶会申込」
とご明記ください。

 

 

 

 

毎週お届けする公式メルマガのご登録はこちらから

http://misakano.com/emailmagazine.html

☆☆ 加納ミサ公式サイト http://misakano.com ☆☆

☆☆ 受付中のセッション  ☆☆