加納ミサ公式 Blog & Column 心で生きる Healing The Heart

Webニュースに掲載いただきました☆

 

☆各種Webニュース記事に掲載いただきました☆

『12月にありがちな不安が一瞬でスーッと消えていく4つの思考法』

12月17日付けの各種Webニュース記事に、

わたしが書かせていただきました記事を掲載いただきました。

不安の原因と対処法を4つのメソッドでやさしく解説しています☆
よかったらご覧くださいませ☆

 

Suzie_14351_1

■1:自分にやさしくする

不安にかられているときほど、自分に対して厳しくなってしまうもの。でも、自分への厳しい視線が、なおさら不安を増大させてしまいます。そこでお勧めしたいのが、自分にやさしくしてあげること。「私はこんなに不安を抱えていたのね」と、自分自身の心に語りかけてみましょう。

「不安を無理に打ち消そうなんて思わないことです。いまは、不安を持っていたいだけ。『不安を持っていることは悪いことではない』と考えましょう」(加納さん)

■2:不安に思っていることがまだ現実に起きてはいないと理解する

「まだ起きていない未来に対して『ああなったらどうしよう』『こうなったら大変だ』と、考えてしまっていませんか? つまり、いまはまだ、困った状況に直面しているわけではありませんよね? そのことを冷静に理解しましょう」と加納さん。

旅行に出かける前に“もし飛行機が落ちたらどうしよう”などと考えて不安になってしまう人が、まさにこれに当たるかもしれません。たしかに、まだなにも起きていませんし、なにが起きるか先のことは誰にもわかりません。

■3:不安は誰にでもあることに気づく

加納さんによると、「不安は、どの時代でも、あらゆる人すべてに宇宙がくださった感情のひとつ」。つまり「不安」は、「楽しい」「うれしい」などと同じように、誰もが持っている感情なんですね。

不安のまっただなかにいるときには、とても心細くなって世界で自分が独りぼっちだと思ってしまいがち。ですが不安の感情は誰もが持っているものだと思うと、自分以外の人々とのつながりが感じられ、心細さが減っていくのではないでしょうか。

■4:不安材料をメリットに置き換える

不安を感じたからこそ、友だちや家族にやさしくできた……など、不安を感じたゆえに得られたメリットもきっとあるはず。そのメリットに気づくことで、不安を味方につけることができると加納さんはいいます。

「雨降って地固まる、という言葉があるように、一見ネガティブに思えることでもよい結果をもたらすことは案外多いものです。あなたが思っているより、悪いことは起きていないものなんですよ」(加納さん)

理由のある不安は、その理由を取り除く工夫が必要かもしれません

一方で、漠然とした不安は、考えてどうにかなる問題ではなかったり、未来に対しての悪い妄想だったりすることが多いものです。

悪い妄想に支配されて過ごすなんて、なんだか時間がもったいないですよね。これらの思考法で不安をポジティブに捉えて、ハッピーに過ごす時間を増やしましょう。

(文/宮本ゆみ子

 

『12月にありがちな不安が一瞬でスーッと消えていく4つの思考法』

●ウーマンエキサイト
http://woman.excite.co.jp/News/column/Suzie_14351.html
●ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/10966861/
●Tサイトニュース
http://top.tsite.jp/news/lifetrend/o/26806260/?sc_int=tcore_news_recent
●デイリーニュースオンライン
http://dailynewsonline.jp/intro/1059260/
●mixiニュース
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=3765167&media_id=227
●インフォシークニュース
http://news.infoseek.co.jp/article/suzie_14351/
●Susie
http://suzie-news.jp/archives/14351

この他にも多数の箇所で掲載されているようです。
お時間のあるときにご一読くださいませ☆

 


____________________________

☆今週のメッセージ☆
____________________________

クリスマスの聖歌が
響きわたるある街に
ちいさなネズミが住んでいました。

ネズミは街のウィンドウから
楽しそうな笑い声と
美味しそうなごちそうのにおいに、
あたたかな光を眺めるのが大好きでした。

プレゼントを抱え、通りを歩く人々の
幸せそうな姿を見るのも大好きでした。

ネズミは一年のうちで一番この季節が大好き。
クリスマスのこの時期、人々の笑い声と幸せそうな顔、
あったかな光にやさしい聖歌が
ネズミの心を幸せで満たしてくれるからです。

あるときネズミは、
ひとりぼっちの自分が
だんだんとさみしくなってきました。

ネズミは真っ暗な空を見上げ
ブルッと震えながらポツリと言いました。

「僕もクリスマスを祝う、家族がほしいな。
神様、僕にもあったかなご飯を食べる仲間がほしいな。
僕にもクリスマスのプレゼントは来るのかな?」

空からは何も返事がありません。
ただ、粉雪がチラチラとネズミの頭に降りそそいでいました。

ふうっと白いため息を吐きながら
ネズミは暗い寝床へと帰って行きました。

***

コンコンコン。

深夜、家のドアを叩く音がします。
ネズミは眠い目をこすりながら
ドアを開けました。

小さな小さなアリが一匹そこにいました。
「ネズミさん、こんばんは。
今晩泊めていただけませんか?」

ネズミは、アリを部屋に通しました。
アリはお礼を言い、隅っこで眠りにつきました。

コンコンコン。
また扉のノックの音がします。
そこには、小さな子どものカメがこごえながら
たたずんでいました。
「ネズミさん、こんばんは。
今夜泊めていただけませんか?」

カメもネズミの部屋で眠りにつきました。

その後もぞろぞろと
いろんな動物たちがやってきます。
ネズミの部屋は動物たちでいっぱいになった
みんなの寝息が聞こえています。
ネズミは眠さのあまりそのまま深い眠りにおちました。

「おはよう、ネズミさん。
メリークリスマス。」

翌朝の聖なるクリスマス、
ネズミが目を覚ますと・・・

そこには美味しそうなスープに、
あったかなろうそくのともしびが。
昨夜泊めたみんなの笑顔が
ネズミを見ていました。

「いったい、これはどういうことなんだい?」

「ネズミさん、昨晩は泊めてくれてありがとう。
僕たちも一人でさみしかったんだ。
そうしたら雪の神様が、
ネズミさんのところに泊めてもらいなさいって
教えてくれたんだよ。」

あの雪が。。

ネズミの祈りはしっかりと
神様に届いていました。
ネズミは仲間たちと一緒に聖なる日を
お祝いすることができたのです。

街にはクリスマスを祝う聖歌が
響き渡っています。
神様は微笑みながらやさしい雪を
いつまでも降らしていました。

☆☆☆

祈りは、叶えられます。
それがわたしたちが期待するかたちで
なかったとしても、かならず。

宇宙はかならずあなたのことを
見守っています。
たとえあなたが叶っていないと
嘆いてるときでも。

見方をかえることで
あなたはかならず守られています。
あなたが在るということに気がついたときに。

いつも在ります。
呼吸できる空気も。
動かすことができる手も足も。
笑ったり、泣くことができる口も。
見ることだって聞くことだって。
命も在ります。

そして誰にも奪われることのない
あなたの心が在ります。

あなたの外的状況に、
どの様なことが起おこったとしても
あなたの心は
だれも奪うことはできません。
それは宇宙にも。

それは、選択の自由です。
あなたの意思は誰にも
奪われることはありません。
あなたの自由意志はいつも在ります。

 

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
年末年始一斉遠隔ヒーリング(メッセージ付き)

☆2015 年末デトックス一斉遠隔ヒーリング 12/22
☆2016 年始インスパイア一斉遠隔ヒーリング 1/10
☆年末&年始セット 一斉遠隔ヒーリング 12/22,1/10
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

いよいよ、明後日は一年でもっとも
日照が短い冬至。
そして、この日から新たに日照が
一日、一日と長くなる日でもあります。

冬至の日に、2015年のエネルギーの大掃除をして
新しい年を迎えませんか?
冬至のパワフルなエネルギーを取り入れながら
新たな2016年のクリアなエネルギーを
取り入れることができるように
私たちにとって不必要なエネルギーを手放しましょう。

【日時】
・2015年12月22日(火)22:00~22:45
・2016年1月10日(日)22:00~22:45
【開催場所】遠隔ヒーリング

【参加費】(メッセージ付き)
2015 年末デトックス一斉遠隔ヒーリング  5,555円
2016 年始インスパイア一斉遠隔ヒーリング 5,555円
年末&年始セット 一斉遠隔ヒーリング  10,000円
遠隔ヒーリング後、メールにてメッセージをお送りします。

【お申込方法】
お申込フォームからお申込ください。
http://www.misakano.com/healing2015&2016.html
毎週お届けする公式メルマガのご登録はこちらから

http://misakano.com/emailmagazine.html

☆☆ 加納ミサ公式サイト http://misakano.com ☆☆

☆☆ 受付中のセッション  ☆☆

Comments are closed.

Post Navigation